忍者ブログ

「Ernö-画家の瞳-」終演報告⑦ラスト!

終演報告もラストになりました。Junkoです。


はい、ラストは僭越ながら私です。(写真左)


 



改めまして、ご観劇くださいました皆様、ご声援をくださった皆様、友人・知人、スタッフの皆様、共演者陣に心より御礼申し上げます。


皆様の支えがあって、FleurLUTEA合同公演の幕を無事におろすことができました。


 


LUTEAにとっては4年ぶり、2回目の公演となる今回。


念願の…というのが一番しっくりくる言葉です。脚本自体も、書き始めたのは4年前でした。


 


人としても役者としても魅力溢れる役者陣に支えられ、多くの方からあたたかいご声援をいただき、作品に昇華することができました。皆様にご覧いただくことができて、本当に幸せでした。


 


作品に関しては、皆さまがお感じになったものがすべてで良いと思っておりますので、多くは語りません。




 


本番前のブログにも書いたかもしれませんが、ものすごく落ち着いた気持ちで本番を迎えました。こんなことを書くと尊大な奴だと思われるかもしれませんが、今回の作品に関しては絶対におもしろい、楽しんでいただけるという自信があったのです。


 


LUTEAには演出だけをする演出はいないので、総演出は私が務め、全出演者が演出なのだと互いに芝居を見合って進めてきました。全員が前を向いて、良い作品にしようと切磋琢磨し合った時間があったからこその自信だったのではないかと今は思っています。


 


MegumiHiromiには前回公演から引き続き出演してもらいました。


頼りになる、芝居巧者の二人。今回も彼女たちにしかできない役になったと思います。


新たに出演してもらった、AyaneYuYoshiMiu


それぞれにそれぞれの魅力があって、とても素敵な役者たちでした。


 



閑話休題。


作品に関しては語らない、と言いながらですが、最後に私の演じたフェルディナンド・ネッケという人物について少し。


 


彼は頑固で、思い込みが激しくて、横暴で、決して善人ではありませんでした。


しかし、彼のようにこれまでの生活だとか、人間関係、そういったものに固執してしまうことって皆様にもあるのではないでしょうか。


そこで、命を絶とうとまで考える人は決して多くはないと思いますが…。


 


変わってほしくないものって誰しもが持っているものだと思います。


変化を受け止め、前を向いて、ポジティブに生きていけたら、すごく楽しく生きていけるのかもしれない。そして、そうあるべきだという、周囲からの無言の圧力みたいなものを感じることもあります。


 


でも、過去やこれまで、を宝物のように大切に、大切にする人がいても、する時間があっても良いのではないかな、と彼を通じて改めて思いました。


 


当初考えていた配役とは違う役として、自分に当てたフェルディナンドですが、このタイミングで彼を演じることができて良かったなあと思います。


 



長々と書いてしまいました。


まだ、構想も構想、火種レベルですが(笑)、次回公演を画策しております。


詳細を発表できる段階になりましたら、改めて更新いたします。


 


最後になりますが、公演に携わってくださいました全ての皆様。


改めて、心より感謝しております。自分は幸せ者だと、今公演中何度も思いました。


本当にありがとうございました。


 


LUTEA主宰 Junko


 


to be continued


PR

2019/03/23 未選択 Comment(0)

「Ernö-画家の瞳-」終演報告⑥

お次は、タイトルロールをつとめました、エレネー役のAyaneさんですよ。(写真中央)



************************

エレネー役のAyaneです。
公演が終わってもう一週間以上経つんですね…
観に来てくださったみなさんありがとうございました!

楽しかったなー公演後はへろへろになるんですけど、ドMなのかなんなのか、その時は楽しさしか感じないんですよねー。
もう通せないのかー
エレネーじゃないのかー
お稽古できないのかー
ってぼやーっと寂しさが突然訪れたりします。
千穐楽翌日って予定なんも入れたくない気持ちもあるけど、きっと抜け殻で懐古しかしなくてどうしようもない干物になるなーと思って仕事なり予定なりガンガン入れてく派です。
だからよく振り返ることもせず日々が過ぎ去ってゆきました←
あたたかいですね!
春ですね!
眠い!
何故?!
春だから!!
春は冬よりは好きだけど秋の方が花粉がなくて好き。世間も穏やかだし。
あー眠気とくしゃみと鼻水が止まらないです。
、、、
今回の公演に携われて、良かったです。
とても良い経験となりました。楽しかった。
Junkoさんに、前回のFleurの公演を観てもらったのがきっかけで誘っていただいた今回。
ご縁だなぁー
そして今回はそのFleurともコラボレーションでしたね。
そっちにも出演したんですけど、どっちのこともなんとなぁく客観視できたり
不思議な体験ができました。
でも、本当に支え無しにはできなかった両団体出演。
周りのキャストや、スタッフのみなさんが、手伝ってくれたり見守っててくれたりアドバイスくれたり気にかけててくれたり…愛だわぁ。
今回タイトルロールの
エレネー・マダール役をいただきまして。
主演感はそんなないですが主演でした。なんと。務めました。させていただきました。なんと。
お誘いいただいたときは「え、え、えぇーー、私が???!!!」
という気持ちしかなかったんですが今となっては私にしかできないエレネー・マダールになったんじゃないかなぁと思っています。いひひ。
初めて台本をいただいて読んだときのイメージで、なんとなぁくでやってしまっているところを改めて考え直してみたり、みんなの考えを聞いてみたり、思い切って変えてみたり、そんな風に役作りしてきました。閃きや気づきの連続でおもしろかったなー。
掴み所がなくて何考えているのかわからない人物、というイメージでやってて
エレネー感情出さなすぎて〜〜……っていうアドバイスをFleurのメンバーからもらってちょっと人間味を足してみたり。いや結構足しました。
今回もだし、いつも、舞台をつくるときは、客観的な目と意見のありがたさをほんっと〜うに痛感する。



エレネーとの共通点を探して、自分と置き換えてみて自分ならどうするかなエレネーならどうするかな、っていう風に考えてみたりもしてて
結構エレネーと共通点多いかもって思ったんですけど、
探そうと思えば誰とでも共通点って存在するのでは?と思ったり。
自分と似ている部分が好きじゃないって思うことと
似てるから好きって思うことと、どっちもあると思いますが
私が実際にエレネーみたいな人と出会ったら、
多分めっちゃ気になって、軽率に近づいちゃうと思います。何考えてるんだろーって、分析したくなる…
何考えてるのかわかんない人って怖いし苦手だけど人によっては超きになる
え、今考えてて思ったんですけど、私だったら、エレネーのこと下手したら好きになってしまうかも…!
どうなの?女性は!!!!ねぇエレネー!?!?聞きたい!!!
…あ、私か、演ってたの。
ぷぷ。
誰か代わりにエレネー演ってくれません?←
くだらない茶番はやめてくれっ(byバーン)
……はい。
とにかく、もう楽しかったです。。心から。。
焦ったりもしたけど、
得体の知れぬ不安に襲われてたりもしたけど、
カーテンコールの時に感じたあの…幸福感?安堵?なんというか…すごく心地よい、嬉しい、あたたかい、感覚は、忘れられないです。
正解やお手本がなくて好きなように作れるからこその難しさ。やっと今回はその楽しさも感じられましたが。
正直ミュージカル三要素で一番苦手だったんです、お芝居が。
致命的だ〜(笑)
初めてミュージカルをやり始めた頃…MMGの初舞台の頃は、演技練の時に何度帰りたくなったことか。もうなんか喋り方わかんねぇ、みたいな。もはや。
そんな私がまさか芝居のみの…ストレートプレイの舞台に、出演する日が来ようとは…
数年前、MMGの初舞台のお稽古の帰り道で、最上級生だったJunkoさんに「演技が苦手すぎるんですえーん」って相談して、めちゃ丁寧に兼役の演じ分け方とかいろいろお話ししてもらったな
そんな時の我を知られているからこそ、主演で出てくれないかーと誘っていただいた時はまじで「え、え、えぇーー、私が???!!!」でしかなかったのです。
MMGに入った頃は、
「なんかぁー、歌うのすきー、踊るの楽しいー、うぇーい⤴︎」
っていう感じのぱやぽやぴーやな女の子だったのですがそれがいつのまにか男役をすることになり、そしてだんだんお芝居をすることもとても好きになっていて、続けていく中でミュージカルだけじゃなくてお芝居もガッツリやってみたいなぁいつか!と思っていたところだったので、ウソォ?!と思いつつもお誘いはとても嬉しかったのです。
ご縁だぁ。
至らぬだらけだったとは思うのですがとても楽しくお稽古させていただきました。やさしい先輩方とやさしい後輩ずのおかげでした。ナマステ。
お世話になりました。



舞台の上で何かしら活かせるよう、いろんな経験をこれからもたくさんしていきたい、と思ってます。その思いで今までいろいろ頑張ってきたと言っても過言ではないかもしれない。
もっともっと舞台上で生きたいと思います。
そのくらい、本当に舞台が好きです、生きがいです。
その姿を、舞台を、観てもらえることが何よりの幸せです。
改めまして、ご来場くださった皆様、支えてくださった皆様、このブログを読んで下さっている皆様
本当に、ありがとうございました!
またお会いできる日が来ますように。
エレネー・マダール役    Ayane

************************

今回の作品は、この得体のしれない画家を中心に、彼に振り回される人たちの物語でした。
彼に関しては多くは語りません。ご観劇いただいた皆様がお感じになったものを大切になさってください。

この役を演じられる人…あ、Ayane!と思って声を掛けたのが最初でした。
エレネーはミステリアスですが、Ayaneは座長らしく(?)、常にパワフルに、前向きに稽古に挑んでいました。そのプラスのパワーに他の座組も引っ張られていたように思います。

以上、Ayaneからの終演報告でした。

2019/03/23 未選択 Comment(0)

「Ernö-画家の瞳-」終演報告⑤

おはようございます。Junkoです。
終演報告、少々間が空きましたが、お次はYoshiくんです。(写真右)



************************

『Fleur & LUTEA合同公演』無事終演致しました…!
余韻が冷めない、冷めなさすぎます。まだ大尉しそうだし、まだ稽古もありそう。ちょっとしたお休み期間なだけ…と言う気がしてなりません。笑
今回、このタイミングでイシュトバーン・マダラース大尉を演じることができたのはとても嬉しいことでした。「目が見えなくなるお芝居」、「ガチガチの軍人役」…どこで活かすかは謎ですが学ぶことがたくさんありました。笑
また、私自身、ラブシーンというものをほぼ経験してなかった人なので難易度がとても高く、学ぶものが多かったです。
イシュトバーンは、エレネーに惹かれてしまう役。
私も彼も男だ。」というイシュトバーン自身の常識とは異なる道を歩んでいく…心で感じる事に戸惑いが隠しきれない、社会的立場をどうしても忘れられない軍人、そこから1人の人間として正直になりエレネーに会いに行く役。
イシュトバーンにとっては「特別な恋愛」を、特別ではなく、「1人の人間が1人の人間を愛する」方面...?特別な萌え的なものよりも、誰かを愛する美しい形をお客様にお見せできたらきっと、もっと素敵なんだろうなと台本を拝読した時感じてました。
Junkoさんの紡いだ繊細な言葉をちゃんとお届けして、美しい場面の1つとして5場(エレネーとの2人芝居)がしたい!と思っていました。
いかがでしたでしょうか…?

また、そんな不慣れな恋愛の場面とは異なり…
30代だったり、単独行動っぽい周りとは少し浮いてる役…という役をよくサークルの時に頂いてまして…そこはまた懐かしさのようなものも感じつつ、今までのものを全部出しきることを目指しておりました。
サークルを引退し、自分が何をやりたいのか…見極めたいと、フラフラいろんなオーディションを見ては「これじゃない、あれじゃない」とやってたり、割と周りが凄すぎて絶望と挫折を感じたりしてました。笑
そんな中で声をかけていただいた私は、もう、即、お願いしますと言いました。
本番2日間は、嵐のように過ぎ去ってしまい、芝居の最中に「今、私はこんな素敵な方々とお芝居してるんだぁ」という想いは1ミリも浮かばず、終わってしまいました。
集中できていて良かったんだか、もっと噛み締めておけば良かったんだか…と、なんとも言えない気持ちになりました笑



とにかく、今思えるのは、
私はとても幸せな役をいただけて、かっこよすぎる美しすぎる憧れの軍服を着れて、お芝居するとは夢にも思っていなかった先輩方と会話をし、早替えをお手伝いしたり、またもやいろんな同期にお世話になったりしながら…たくさんのお客様に見守られてイシュトバーンが終えられた事…本当に幸せでございます。ありがとうございました。
…ということです。笑
サークルの時からお世話になったり、見守ってもらってる方々もたくさんいらして…そんな方々に今回観ていただけてさらに幸せです。
笑い上戸すぎてツボが浅い私でしたが…
本当にキャストの皆様お優しかった…。
Miuとは、ずっとお互いのお芝居を見てたからこそわかる癖やら、なんやらを見ながらアドバイス出し合ったり…
Yuさんとは、ちょっとだけでもまたお芝居で会話できたり、小道具助けていただいたり…
Ayaneさんとは、自主練をものすごいたくさんして、メイクが信じられないぐらい早くなったり…
Hiromiさんとは、お芝居ではほぼ絡まなかったけどたくさん見てもらってダメ出しもらったり…
Megumiさんには、衣装周り全部はもちろん、お芝居でもたくさんお世話になったり…
Junkoさんには、スタッフ業からお芝居まで、たくさんお世話になったり((毎回思いっきり胸ぐら掴みすぎて本当にすみませんでした笑))…
皆さんとの思い出がいっぱいで、振り返るどころか、後ろ歩きしながら生きてる感じがします、今。笑
こんなぽやぽやした人間を誘ってくださって、受け入れてくださって、ありがとうございました。頑張るぞーって笑いあえて 幸せでした。
世界でたった1つしかない作品の、誰も演じられていないイシュトバーンと言う役を、世界に1つだけのお衣装を着て、皆様の人生の数時間をいただけて。
本当に本当に素敵な時間を、ありがとうございました。((感謝と幸せな気持ちでした の無限ループにハマりそうなのでここらへんで失礼致します。長文だったかもしれません…もはやそこら辺の感覚が鈍ってます…笑 ))

Yoshi

************************

イシュトバーンという人は、頭が固くて融通が利かず、妄信的、直情的で……
逆に返せば素直で真面目な人というイメージで書きました。

Yoshiがイシュトバーンとして生き、その姿に、その生きざまに真実味を与えてくれました。

彼女は役者陣の中で誰よりも脚本を読んでいる姿をよく見かけました。
なんか稽古じゃない日も持ち歩いていた気が…笑
脚本に書かれた言葉や文字間を読み込んで読み込んで読み込んで、
私の想像を遥かに超える素敵なイシュトバーンに仕上げてくれました。

芝居のセンスが良いのはもちろんですが、不断の努力が彼女の芝居を支えているんだと思います。

なんだか気恥ずかしくなってきたので、このあたりで。
以上、Yoshiからの終演報告でした。



2019/03/23 未選択 Comment(0)

「Ernö-画家の瞳-」終演報告④

さあ終演報告も折り返し地点です!Junkoです。

LUTEAの軍師、Megumiからの終演報告です。



************************************

皆様、お久しぶりです。
オットー・カルドシュ役のMegumiです。
こうして無事に終演し、終演のご報告ができますのも、ご来場くださいました皆様、スタッフの皆様、当日まで支え、応援してくださった皆様、そして約半年間共に作品を作り上げてきたキャストの皆様のおかげでございます。前回公演でお世話になった方々や前公演今公演どちらもお越しくださった方もいらっしゃいまして、感謝の気持ちでいっぱいです。
改めまして、本当にありがとうございました。

自分の話苦手なんですけれども。
終演しましたしね。お話ししましょう。(フェルディナンドか?)

この公演は、私にとって4年ぶりの芝居、4年ぶりの舞台でした。
お稽古を始めてびっくりしたのですが、ほんとに 本当に全然何も出来なくなっていまして。どうにかこうにか勘を取り戻さねばとキャストの皆さんに助けていただき、化石のようになっていた記憶と体を叩き起こして挑みました。ようやく化石から人間に戻ってきたあたりで本番になりましてびっくりしました(びっくり2回目)。
役について。
ストーリーテラーは初めての役どころでした。
物語全体を俯瞰で見ているオットーと、物語の中で動揺し葛藤し生きているオットー。
やればやるほどなんと難しい役なのかと思いました。またそれ以上になんと面白い役なのかとも思いました。私が持っている引き出しをすべて開けてひっくり返しても足りないくらいのたくさんの要素が必要な役でした。
それでも最後の最後、自分の中でようやく納得のいくお芝居ができました。あの2日間の演技が、私ができる最高のオットー・カルドシュでした。
いかがでしたでしょうか。私はとても楽しかったです。ふふ。
いい役をもらったなあ。Junkoさん、この大切な役割を私を信じて任せてくれてありがとうございました



書き始めるとあれもこれもと思ってしまうのですが…オットーくんが言っていたとおり、終わったものに余計な説明をするのは蛇足というもの。役者が語るのは舞台上だけで充分ですね。
では最後に、彼と皆様にもう一度感謝を。
本当に、ありがとうございました!
Megumi

************************************
ストーリーテラー、オットー。
物語の中の出来事にもちろん彼も関与しているけれど、時に枠から外れて物語を俯瞰している。

そんなオットーには、この戯曲を書いたのが彼だという、ちょっとした裏設定がありました。
彼の一言目の台詞。「ここに一枚の絵がある。画家の名前はアーネスティーナ」という台詞を書いたのはかれこれ4年以上前のことです。
彼が物語を運んだように、私もまた彼に乗っかって脚本を書いていたように思います。
というわけで、オットーくんには特別の感謝を…笑

Megumiは本当に芝居がね、達者です笑 すごい人だと何度も思いました。
ソフィアとの恋愛シーンでは苦戦している姿もありましたが、本番、Megumi自身の優しさもじんわりとにじみ出るような非常に素敵な芝居でした。

たった一人の家族だった母親をなくして、消沈していた彼が物語のラスト、新しい家族を得る。
オットーとソフィアは、この物語の中の「希望」でした。

語り出すと私も止まらないので、蛇足にならないよう、このあたりで。

以上、Megumiからの終演報告でした。

2019/03/21 未選択 Comment(0)

「Ernö-画家の瞳-」終演報告③

さあどんどんいきますよ!あ、Junkoです笑
3人目はこの方、Yu氏です。(写真左)



************************************

トゥルゾー男爵、イシュトバーンの部下カトナを演じました、Yuです。

※カトナくんはこの左の兵士です

この公演期間を振り返ってみて、昔好きだった「宝石さがし」を思い出しました。
水と砂利の中にパワーストーンが入っていて、時間内に見つけた石を持ち帰れるというもの。
大半は安価品ですが、まれに宝石が入っていると銘打っており、単純に水の中を手探りで探すという行為の面白みもあってハマりました。
「Ernö」という作品に相対するのは、水底の砂利を漁る気分でした。
「そこに作品のエッセンスが”あるかもしれない”」と己の勘が告げるたびに思考を掘り進める、その繰り返し。
作業自体は楽しいのですが、果てが見えない。なのに時間制限は迫ってくる笑
そうそう。宝石さがしに何度か挑戦して、あるとき見つけちゃったんですよね。宝石。
係員さんが、ラピスラズリですよ、と、小さいけど整えられた半貴石を専用のケースに入れてくれて、
家で眺めては見つけた嬉しさを思い出して楽しんでいました。
稽古を通して何度か、特に本番が近づくにつれ、たくさんのきれいな石を見つけました。
Miu嬢の成長ぶりと愛らしさ、Hiromiさんの魅せ方の巧みさ、
Megumiさんの武士道とスマートさ、Junkoさんの後ろ姿の格好良さ、
Yoshiのひたむきさと逞しさ、Ayaneさんの雄弁な瞳。
ただし、舞台の上では、我々は石を探すほうではなく並べるほう。
そして石を見て判断し、持ち帰るのはお客様のほう。
きれいな石をたくさん舞台上に並べたつもりですが、それをただの石と思う人もいるし、私が好きな色を好きじゃない人も、きれいだなーと思いつつも持ち帰らない人だっている。
それでよいのです。人間は多様であってしかるべし、です。
何より、並べる場所があるだけで幸せなのですから。
ただ、気に入った石があって持ち帰って心の中に置いてしばらく眺めてくれる人がいたら、なお幸せだなと思う次第です。



と、ここまで書いてから気づきましたが、男爵の衣装は濃い青緑のスーツにゴールドが入ったタイとチーフ。
瞳もゴールド系でした。
…そういうことなのか?(どういうこっちゃ?な人は宝石の名前で検索をば。)
うん、何かがつながったような気がします。終演報告書いてよかった。
人生のなかの出来事がリンクしたり、芝居のシーンのつながりを見出した瞬間というのは快感です。
願わくばこの楽しみが尽きぬ人生でありますように。
長くなりました。
最後に改めて。
応援してくださった友人、知人の皆様。
ご助力くださった、スタッフの皆様。
稽古場を提供していただいた、各施設の皆様。
ともに舞台に立って支えてくれた、LUTEAメンバー、Fleurメンバーの皆様。
お忙しい中、ご検討・ご来場くださったすべてのお客様。
本当にありがとうございました。この舞台に立つことができ、私は幸せです。
そして、とりとめのない文章をここまで読んでいただきありがとうございます。
またいつか、どこかの舞台でお会いするのを楽しみにしております。
Yu

************************************

トゥルゾー男爵。あたたかく作品全体を包み込む役どころでした。
人の痛みが分かって、そっとその人に寄り添ってくれる。なぜなら、彼自身が痛みを知っているから。

相手の嫌がるようなことは、たとえそれが本当はその人のためになることでもしない。
でも、裏でしっかり手を回していて……侮れない人でした。

そして兵士・カトナくん。彼が彼がしっかりとした兵士であればあるだけ、イシュトバーンが大尉然としていられる。そんな存在でした。早替えお疲れ様でした。

そんな2役を大切に演じてくれたYuは、今回の深読み大賞でした笑
脚本を書いた私ですら考えてもいないような裏を読み、それを丁寧にキャストたちに共有してくれました。彼女の頭の回転の速さには驚くばかり。

9月には彼女の所属する劇団メリーゴーランドさんの公演があるそうなので、皆さまお楽しみに。
(と、勝手に宣伝 笑)

以上、Yuからの終演報告でした!

2019/03/21 未選択 Comment(0)

プロフィール
 
HN:
LUTEA主宰
性別:
非公開
 
 
カテゴリー
 
 
 
最新記事
 
(03/23)
(03/23)
(03/23)
(03/21)
(03/21)
 
 
RSS
 
 
 
リンク
 
 
 
P R